重要なこと

応接間

平成27年からは相続税の基礎控除額が従来と比べて大幅に削減されることとなっており、今まで以上に早めの遺産相続の対策の重要性が増してきています。
これによって首都圏など地価の高い地域を中心に相続税の課税対象世帯が大きく増えると見込まれていますが、それでも全体からみると相続税の課税対象となるような世帯はごく一部にとどまります。
とはいえ、遺産相続に絡むトラブルは財産の少ない場合でも発生することが多いのが実情です。
その理由として、自宅の不動産とわずかな預金しか遺産がない場合は不動産を平等に相続することが難しいため、遺族の間で事前に話がまとまっていないと問題となりやすいからです。
そうしたトラブルを避けるためには事前にしっかりとした遺言を残すなどの対応も有効となります。
そうした相続に関する相談は、法律の専門家である弁護士がいる法律事務所に相談をするとよいでしょう。
所定の要件を満たしていない遺書では法的拘束力のないものとなってしまいますので、手間を惜しまずに法律事務所に相談をするのが間違いがないでしょう。

円滑に

円滑な遺産相続は、生前からの相続対策を行うことが重要です。
また、その相続手続きについて、弁護士法律事務所に相談することが最適です。
被相続人の死亡後、「遺産相続」が「遺産争族」となる場合があります。
被相続人が「遺言書」等を作成せずに死亡し、遺産をどのように分割するかについて、相続人間での調整がつかないことがあります。
最終的には、裁判所等の調停によって遺産分割を行うことになりますが、相続人間におおきなしこりを残すことになります。
「遺産相続」を「遺産争族」としないためには、「遺言書」の作成などの生前からの相続対策を行っておく必要があります。
「遺言書」には、自分で遺言を記載しておく「自筆証書遺言」のほか、公証人役場において作成される「公正証書遺言」や「秘密証書遺言」などがあります。
いずれの「遺言書」も必要な要件等がありますので、「遺言書」の作成については、法律の専門家である弁護士法律事務所に相談することが最適です。
また、被相続人の死亡後の相続に関する手続きも、弁護士や税理士などの専門家に依頼することが効率的です。
被相続人の死亡後には、遺産総額の確認、相続人の確認、遺言書の執行、遺産分割の調整、遺産分割協議書の作成などの相続手続きが発生します。
また、相続税の申告が必要となる場合には、死亡後、10か月以内に相続税の申告書を被相続人の住所を管轄する税務署に提出する必要があります。
この相続税の申告書の作成については、税金問題の専門家である税理士に依頼する必要があります。